臨床発達心理士|JOCDP(一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構)

LANGUAGE

メニュー

大学院開講科目のシラバス審査について

大学院研究科から申請された開講科目の指定科目単位認定審査を、毎年行います。この審査は大学院で開講している科目をそのシラバスによって審査し、開講科目ごとに単位を認定するものです。この審査は、資格の個人申請時期(8月末)に先立つ4月に行いますので、認定された科目を申告する場合には、提出書類が簡略化され、書類作成の間違いや負担が軽減されます。また、大学院研究科におかれましては、臨床発達心理士資格取得を視野に入れた、シラバスの作成やカリキュラム構成にもご活用いただけます。

シラバス審査においては、シラバスの本文(シラバスの授業内容、授業計画など)に指定科目の「科目内容基準とシラバスの対応表」の項目が含まれているかを審査して、認定を行なっています。シラバス審査による指定科目単位認定申請を希望の大学院研究科教務ご担当の先生方は、「大学院シラバスの指定科目単位認定申請手順」をご一読のうえ、申請書類をダウンロードし、申請手続きを行ってください。

旧制度によるシラバス認定は、2019年度をもって終了しました。旧制度による認定済み科目と同一科目については、新規科目として申請し直してください。

認定申請ガイドをご入用の際は、こちらにて入手方法を確認し、手順に沿ってご購入ください。

なお、前年度の認定申請ガイドは、こちらからダウンロードしてご覧いただけます。

申請手順ならびに申請書

【2022年度シラバス審査書類提出締切】
4月11日(月)必着

【提出先】
申請フォームからご提出ください。

  • 申請書類のファイルは1つのZIPファイルに圧縮して、申請フォーム必要事項の入力とファイルのアップロードを行ってください。
  • シラバスの指定科目単位認定申請は、大学院研究科で取りまとめ、申請してください。授業担当教員から個別に提出されたものは受付できません。

2022年度 シラバス審査の流れ

閉じる