臨床発達心理士|JOCDP(一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構)

LANGUAGE

メニュー

臨床発達心理士とは?

臨床発達心理士とは、発達の臨床に携わる幅広い専門家に開かれた資格です。人の発達・成長・加齢に寄り添い、必要とされる援助を提供します。

発達心理学をベースにして「発達的観点」を持つところが特徴です。

資格を取得すると・・・

  • 研修の機会が豊富にあり、学びの場が提供されます。
  • 地域ネットワークの中で様々な情報を得ることができます。
  • 子育て支援や特別支援教育など、時代のニーズが求める分野でこれから活躍が期待されています。
  • 5年ごとの資格更新によって、常に高い専門性を保つことができます。

臨床発達心理士の仕事

  • 発達をめぐる問題を査定し、具体的な支援をします。
  • 子どもから大人まで、生涯にわたり支援します。
  • 家族・地域への広がりをもった支援をします。
  • 子育て、気になる子ども、障害、社会適応などの問題に対応します。
  • 育児不安、虐待、不登校、引きこもりなどの現代的問題
  • 「気になる子」のような健常と障害との境界の問題
  • 自閉症、知的障害、LD(学習障害)、AD/HD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害
  • 社会適応や成人期・老年期などの問題
  • 子育て支援、次世代健全育成
閉じる