臨床発達心理士|JOCDP(一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構)

LANGUAGE

メニュー

KABC-IIを用いた発達障害児へのアセスメントと支援

主催・共催

日本臨床発達心理士会 新潟支部

日程とプログラム

2021年5月8日(土) 12:30受付開始

13:00~15:00 KABC-IIを用いた発達障害児へのアセスメントと支援
【講師】小林優子(上越教育大学臨床・健康教育学系)

15:15~16:00 支部総会

ポイント数

0.5ポイント

会場情報

上越教育大学特別支援教育実践研究センター
〒943-0815 新潟県上越市山屋敷町1
アクセス→https://www.juen.ac.jp/handic/linkfiles/yoran/centeryoran1.pdf

研修要旨

KABC-IIは、WISC-IVと並んで多くアセスメントに用いられる知能検査であり、本研修ではKABC-IIによるアセスメントの基礎を学び、発達障害児を対象とした事例検討と支援方法について、グループディスカッションを交えながら学ぶことを目的とする。

参加費

500円

参加条件

・臨床発達心理士の資格をお持ちでない方も参加可能
・事前申込制
・新潟県内在住もしくは県内就労の方のみ

申込方法・申込期間

申込受付期間:4月30日(金)17:00 まで
受付方法:メール niigatacdp@yahoo.co.jp

諸注意

研修会場入場前には、手指の消毒をお願いします。
マスクの着用をお願いします。
発熱・咳などの諸症状がみられる方の参加はご遠慮願います。
※受講者から感染者が出た場合、保健所等から参加者名簿の提供を求められた際には、参加者名簿を提供することとなりますので、受講はその同意が得られる方に限ります。
※研修会の参加者は新潟県内在住、もしくは県内就労の方に限定させていただきます。

問い合わせ先

niigatacdp@yahoo.co.jp

閉じる