臨床発達心理士|JOCDP(一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構)

LANGUAGE

メニュー

【公開研修会】障害のある子どものきょうだいへの支援(1)  ―きょうだいの現状を理解する-

主催・共催

日本臨床発達心理士会  北海道支部

日程とプログラム

2020年5月9日(土)
9:15 受付開始
9:30~12:30 講演

【講師】
阿部美穂子氏(山梨県立大学)

ポイント数

1ポイント

会場情報

札幌市生涯学習総合センター ちえりあ・6階 講堂
【住所】
北海道札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10
【アクセス方法】
地下鉄(東西線)宮の沢駅下車
地下直結通路:徒歩約5分
https://chieria.slp.or.jp/

研修要旨

これまで支部研修会では障害のある子ども自身にスポットを当てた研修を多く行ってきました。今回は本州から講師をお招きして、第1回と第2回の支部研修会をひとつのテーマで学ぶ機会を設けました。内容は山梨県立大学から阿部美穂子先生をお招きし、障害児をとりまく家族(特にきょうだい)にスポットを当てて、講演をしていただきます。第1回の研修会の概要は以下の通りになります。
【研修会の概要】
障害のある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)については、きょうだいならではの特有の経験をしながら成長していくとされます。それらは、きょうだいの成長をより積極的に助長する場合もある一方で、ともすればきょうだいの心理社会的発達を妨げてしまうとする懸念も指摘されています。そこで、本研修では、内外の先行研究に基づき、きょうだいが抱いている気持ちや直面する心理社会的な問題、成長発達上の懸念等について理解することを目的とします。

参加費

1000円(会員) 1500円(非会員)

参加条件

臨床発達心理士の資格をお持ちでない方も参加可能です。
当日会場へお越しください。

問い合わせ先

cdp.hokkaido@gmail.com

閉じる