臨床発達心理士|JOCDP(一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構)

LANGUAGE

メニュー

Vineland-Ⅱを活用したアセスメントと解釈の仕方

主催・共催

日本臨床発達心理士会  中国・四国支部

日程とプログラム

2020年5月31日(日)
12:30~14:00 受付
14:00~17:00 単独講演

【講師】
森 裕幸氏(弘前大学大学院医学研究科附属子どものこころの発達研究センター)

ポイント数

1ポイント

会場情報

松山東雲女子大学 A館2-2
【住所】
〒790-8531 愛媛県松山市桑原3丁目2-1
【アクセス方法】
松山東雲女子大学ホームページ
https://www.shinonome.ac.jp/site/college/

研修要旨

中国・四国支部では、会員のアセスメント力向上と的確な実態把握、適切な支援の実現を目指して、これまでに知能検査や発達検査等に関する研修を実施してきた。
今回は、適応行動という視点から、日常生活の困難さを客観的に評価する尺度として日本で標準化された、「Vineland-Ⅱ適応行動尺度」について研修を行う。講師に、弘前大学大学院医学研究科附属子どものこころの発達研究センターの森裕幸先生をお招きし、講義や実施方法ワーク、架空事例のグループワーク等を実施する予定である。この研修を受講することで、適応行動を的確に把握し、支援につなげる力を身に付ける一助とする。

参加費

1,050円(500円 + Vineland-Ⅱ適応行動尺度の記録用紙代550円)

参加条件

臨床発達心理士の資格をお持ちの方のみ参加可能。
事前申込制。

申込方法・申込期間

申込受付期間:4月1日(水)~5月8日(金)
申込方法:フォーム入力による申込
http://bit.ly/jacdpcs-k

問い合わせ先

monta3721@outlook.jp

閉じる