臨床発達心理士|JOCDP(一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構)

LANGUAGE

メニュー

【公開研修会】問題の所在はどこか―LGBTsの子どもたちの存在が問いかけるもの

主催・共催

日本臨床発達心理士会  滋賀支部

日程とプログラム

2020年5月10日(日)
13:30 受付開始
14:00~17:00 講演開始
17:00 講演終了

【講師】
土肥いつき氏(京都府立城陽高等学校)

ポイント数

1ポイント

会場情報

滋賀県婦人会館 会議室
【住所】
〒523−0891近江八幡市鷹飼町105-2
【アクセス方法】
*滋賀県婦人会館へは、JR琵琶湖線「近江八幡駅」南口より、徒歩10分です。詳細は、下記のウェブサイトでご確認ください。
http://www.shigawoman.jp/access.html

研修要旨

近年、D&IやSDGsといった「かけ声」のもと、LGBTをめぐる言説もまた一種のブームともいえる様相を呈しています。具体的には「同性パートナー制度」や「誰でもトイレ」、はたまた「LGBTに配慮した制服」などに代表される「LGBTの理解」「LGBTへの配慮」といった言葉があちこちで聞かれるようになっています。しかし、LGBTについて考えることは、単に「少数の人々の問題を理解し、配慮する」ということにとどまるものではありません。そこには、LGBTの存在を通して、私たちの社会がどのような規範でできているかということを、セクシュアリティから考えるという「問い」が提示されているのです。今回は、特に学校にスポットをあてて、その「問い」をともに考えていきます。

参加費

無料

参加条件

臨床発達心理士の資格をお持ちでない方も参加可能です。
当日会場へお越しください。

問い合わせ先

日本臨床発達心理士会滋賀支部事務局 
e-mail:info@jacdp-shiga.lin

閉じる