臨床発達心理士|JOCDP(一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構)

LANGUAGE

メニュー

【公開研修会】ヴィゴツキーとルリアの高次精神機能に関する理論から発達障害のある子供への関わりへ -DN-CASによるアセスメントと支援-

主催・共催

日本臨床発達心理士会 東北支部
弘前大学教育学部附属特別支援教育センター

日程とプログラム

2018年8月20日(月)

13:00 開場、受付開始
13:25~13:30 開会、事務連絡等
13:30~14:30 講演
14:30~14:45 休憩
14:45~16:30 演習
16:30~16:45 質疑応答
16:45 閉会

【講師】前川 久男 氏

ポイント数

1ポイント

会場情報

弘前大学創立50周年記念会館岩木ホール(弘前市文京町1番地)

アクセス:JR弘前駅中央口前バス停【3番のりば】から、「小栗山・狼森線」または「学園町線」に乗車、【弘前大学前】で下車、約5分。

研修要旨

学校教育においては、2017年に学習指導要領が改訂され、「社会に開かれた教育課程の実現」、「各学校におけるカリキュラム・マネジメントの確立」などが重視されるとともに、特別支援学級や通級による指導においては個別の教育支援計画と個別の指導計画を作成することが明記された。このことは換言すれば、各学校には根拠に基づいた指導・支援を行い、計画-実施-評価-改善について説明責任を果たすことが求められている。その前提としてアセスメントはこれまで以上に重視されることが予想される。本時は、それらをふまえ、心理アセスメント(DN-CAS)とその活用について、その専門家のひとりである前川久男氏に講演・演習をお願いし、特別支援教育をはじめとする障害児者への心理支援の質向上につなげる機会にしたいと考えている。

参加費

0円

参加条件

臨床発達心理士の資格をお持ちでない方も参加可能です。

申込方法・申込期間

2018年6月1日(金)~2018年8月17日(金)

申込先:弘前大学教育学部附属特別支援教育センター(担当:天海・増田)
※申込、お問い合わせは、メールでお願いいたします。申込の際、臨床発達心理士である旨申し添えて下さい。
amagai@hirosaki-u.ac.jp

閉じる