臨床発達心理士|JOCDP(一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構)

LANGUAGE

メニュー

【公開研修会】九州心理学会第78回大会 シンポジウム 災害後の子どもの支援において求められるもの

主催・共催

日本臨床発達心理士会 九州・沖縄支部
九州心理学会
九州心理学会第78回大会準備委員会

日程とプログラム

2017年12月10日(日)

13:00~ 受付
13:30~ シンポジウム
【話題提供】大元 誠(佐賀大学)/下田 芳幸(佐賀大学)/石井 宏祐(佐賀大学)
【指定討論】井邑 智哉(佐賀大学)/若本 純子(佐賀大学)
~16:30 終了

ポイント数

1ポイント

会場情報

佐賀大学教育学部1号館2階104教室
佐賀市本庄町1番地
http://www.saga-u.ac.jp/gaiyo1/campusmap/index.html
■佐賀駅バスセンターからバスで約20分
■佐賀駅からタクシーで約25分(1,200円程度)
■佐賀空港からタクシーで約20分
■佐賀大和ICから約30分

研修要旨

災害国であるわが国では,いついかなる場所で大災害が起こっても不思議ではない。
昨年4月に熊本地震が,また本年7月には九州北部豪雨が発生し,多くの被災者を出したのは記憶に新しい。
大災害等の直後以降に行われる支援は,緊急支援あるいは危機介入と呼ばれ,平常時の支援とは異なる特徴をもつ。

本シンポジウムでは,子どもの支援に焦点をあて,災害後の支援の実際,留意点等について,さまざまな観点から多角的な議論を行いたい。臨床発達心理士の役割として,適切なアセスメントができることが求められている。

参加費

1,000円

参加方法

・ポイント発行料として1000円(1ポイント)を頂戴します。
・IDカードを必ずお持ちください。

諸注意

許可なく研修時に撮影および録画を行うことはできません。配付資料に無い提示資料の撮影も含みます。また、研修内容についてインターネットを通じて中継および配信することや、SNSやブログなどを用いて公開することはできません。研修資料は、参加された方以外に配布できません。

問い合わせ先

yuyoshida@nagasaki-u.ac.jp

閉じる