JOCDP

Get Adobe Reader

PDFファイルを読むためには Acrobat Reader が必要です。

【記号の見方】
新しいウィンドウで開きます というマークがついているリンクは、リンク先が別ウィンドウで表示されます。

資格更新

重要なお知らせ

更新延期者のための特例更新審査(8月末~9月)は2018年度より廃止されます。更新の機会は通常更新審査(1月)のみとなりますので、更新延期中および更新延期を検討している方はご注意ください。
更新のためのポイント表を改定いたしました。2015年度資格更新対象者からは更新のためのポイント表改定第5版をご確認ください。
2014年度資格更新対象者から更新のためのポイントが変更になります。
更新のためのポイント表第4版でご確認ください。
2010年度~2013年度発行の参加記録ノートをお持ちの方 [PDF/約338KB]
2013年度から更新見込審査が廃止されました。

2016年度資格更新対象者は以下の登録番号の方です。
登録番号 第01496号~第01808号
登録番号 第03220号~第03355号

資格更新者の方へ

資格更新対象者へは、資格更新対象年度の10月に資格更新申請ガイドおよび資格更新申請書類を送付します。
資格更新申請受付期間は、資格更新対象年度の1月となります。詳細な日程は、送付される資格更新申請ガイドをご確認 ください。

住所等、日本臨床発達心理士会に登録している情報が変更となった場合は、送付物不着の原因となりますので、速や かに変更の手続きを行ってください。
変更手続きの詳細は、「会員登録情報変更・各種申請届」のページをご覧ください。
資格更新申請ガイドおよび資格更新申請書類は、資格更新対象者のうち会費納入済の方へのみ発送します。会費未納入の方は、速やかに納入を行ってくださ い。
資格更新申請ガイドおよび資格更新申請書類を紛失された場合、再発行手続きが必要です。再発行手続きの詳細は、「会員登録情報変更・各種申請届」のページをご 覧ください。
自作の申請書類では申請は認められませんのでご注意ください。
  資格更新見込申請は2013年度より廃止されましたのでご注意ください。詳しくは10月に送付される2013年度資格更新申請ガイドをご覧ください。
  • ● 過去の資格更新申請ガイドはこちら

1. 資格更新について

資格有効期間は5年間です。資格更新時までに12ポイントの取得を必要とします。そのうち4ポイントは日本臨床発達心理士会・日本臨床発達心理士会支部、または臨床発達心理士資格認定委員会が主催する「臨床発達心理士のための資格更新研修会」での取得を必要とします。


2. 資格更新研修会の情報提供について

  1. 各支部は5年間に12ポイントの研修が提供できるように研修会を予定しています。各支部主催研修会はその支部の会員に支部NLなどで連絡されます。他支部の会員は機構HPで開催日時など確認の上、参加してください。
  2. 臨床発達心理士会としての資格更新研修会は毎年開催されます。資格取得者全員に全国NLなどで連絡されます。
  3. 認定委員会主催の資格更新研修会は日本発達心理学会年次大会時に開催されます。資格取得者全員に全国NLなどで連絡されます。
  4. 認定委員会が認めるその他の研修会は、HPに掲載されますので確認の上、参加してください。

3. HPでの資格更新研修会案内について

HP内容は研修会主催者の要請に応じて随時、更新しています。以前に見た内容と変更がないかを確かめて参加してください。


4. 資格更新延期が認められた方

資格更新延期が認められた方は以下のことに留意してください。

① 資格更新延期者の資格更新申請可能期間は次の通り年2回です。

詳細な日程は決定次第以下に記載されます。必ず確認の上、期間内に申請を行ってください。
※資格更新申請可能期間は2012年6月10日より適用となりました。これ以前は「申請の準備が整った時点で提出可能」 としておりましたが、上記の期間内に申請に必要な書類を提出してください。

2016年度資格更新申請可能期間(最終日消印有効)
  • 特例資格更新申請期間 2016年8月13日(土)~ 8月24日(水)
  • 通常資格更新申請期間 2017年1月3日(火)~ 1月15日(日)

【重要】資格更新審査料価格改定のおしらせ [PDF/約358KB]

② 資格更新延期者は、延期期間中に資格更新研修会へ参加する際、以下のことに気を付けてください。

③ 必要なポイン トが満たされ所定の期間に申請される場合、使用・未使用に関わらず「臨床発達心理士資格更新研修会等参加記録 ノート(資格更新申請延期者用)」の提出が必須となります。大切に保管してください。